PR

MacBook液晶のシミ汚れが取れない?液晶コーティング剥がれのガビガビを自分で簡単除去!

ガビガビの汚れが取れなくなったMacbook Pro Retina 15(late2013)の液晶画面

MacBookの液晶画面が水シミのように汚れていて、拭いても取れないと諦めていませんか?保証やリコールも期限切れだったり、修理に持ち込んでも修理料金が高額になったり、旧型機種で部品が調達できないので断られたりします。

上の写真は、アップルからも見放され諦めていた私の「MacBook Pro Retina15インチ」の液晶が水シミのようになって拭いても汚れが取れない状況から、半分だけ液晶コーティングを剥がしてクリーニングした状態です。

あきらめていた液晶画面についたキーボードのシミのような汚れ。自分で簡単にシミを除去して綺麗にできたので、その方法を紹介します。

スポンサーリンク

MacBookPro (Retina)の液晶に汚れ?

液晶画面のライトが消えているときに特に目立つガビガビ、ムラムラな汚れ。キーボードの跡が付いたように見えるので、ついつい指の脂汚れが付いたと思い洗剤やクリーナーなどで拭くと悪化することも多いようです。

実はこの状態は「汚れ」ではなく「コーティングが剥がれたムラ」なんです。

MacBookやMacBook Proのティスプレイのコーティングが剥がれてしまう問題は世界で話題となり、ステインゲート問題(Staingate)と呼ばれています。 

Appleでもこの問題を認識していて「無償交換サポート」もアナウンスしていますが、購入から4年以内の場合に限られるようです。

アップルストア銀座のGenius Barに行きましたが、このMacBook Pro 15インチはLate2013で古いタイプなのでサービス対象外。パーツの在庫も不明で、金額も高額になると言うこと。

…あきらめました。

スポンサーリンク

見た目をきれいにする裏技

このまま汚れた液晶で使い続けるか、新しいMacBook Proを購入するかという選択肢の中、イチかバチか液晶クリーニングの裏技にチャレンジすることにしました。

これは、液晶画面のコーティングを全て落としてしまう方法

アップルの保証が残っている場合や、リコール対象モデルの方はAppleの保証を受けられなくなるので、おすすめしません。まずAppleのサイトかGenius Barで確認しましょう。

◆Apple修理サービスプログラムはこちら(リンク)

スポンサーリンク

液晶のコーティング剥離に使うもの

薬用マウスウォッシュの「リステリン」や「アルカリ電解水」や微粒子の研磨剤などを使うときれいになるという話を聞きますが、私の場合は「エタノール」を選択。

特に純度の高い「無水エタノール」を使いました。

無水エタノールは、古い家電品などの加水分解したゴム塗装のベタベタを除去してきれいにするときにも使えますね。

液晶コーティングの剥がし方

画面フチの隙間から液体が入るとショートしたり機械的なトラブルの原因になるので注意。スプレーはおすすめしません

液晶コーティングの剥がし方と最後の仕上げの7つのステップは以下のようになっています。

  1. 柔らかな布やソフトティッシュ、ペーパータオルに「無水エタノール」を染みこませて液晶画面に塗布。フチの部分は隙間に液体が中に入らないように注意して塗布しましょう。
  2. ほんの少し時間を置いて(コーティングを溶かす?)から、無水エタノールの付いた柔らかな布でこすります。
  3. 液晶に負荷がかかりすぎないように、力の入れすぎは禁物
  4. みるみるうちにムラムラなった液晶コーティングが剥がれて、ツルツルのミラーのような液晶画面に。
  5. このままでもいいのですが、私はミラータイプが苦手なので非光沢の液晶フィルムAmazonリンク)を貼りました。
    旧機種サイズは在庫が心配ですね。
    【非光沢液晶フィルムの対象機種】Macbook Pro 15 Retinaディスプレイモデルの2016年10月以前モデル A1398に適合 ( Mid 2012 / Late 2012 / Early 2013 / Late 2013 / Mid 2014 / Early/Mid 2015 )

コーティング剥がし作業に集中しすぎて、作業ステップの写真が撮れなくて残念です。正直こんなに上手くいくとは思っていませんでしたので…。

ちょっと大袈裟ですが、まるで買ったときのような美しさ!

完全に諦めていたMacBookProが美しく蘇り、気分も上がりました。

まとめ

MacBook Pro Retina (Late 2013/)15インチのガビガビでシミになっていた液晶画面が嘘のように綺麗になりました。

準備するのは無水エタノールとソフトなペーパータオルだけ。拭いても取れなかった汚れはコーティングだったのですね。MacBookの汚い液晶画面でお困りの方は[無水エタノールで液晶コーティング剥がし=>新しい液晶フィルムで保護]を試してみてはいかがですか。本体の状態や作業方法にも寄りますので、あくまでも自己責任でお願いします。

次回は、MacBook Pro Retina 15インチの膨らんできたバッテリーの交換と、ストレージ(記憶容量)を500GBから2TBのSSDに交換することにチャレンジしようと思います。

純正バッテリーは正規修理店クイックガレージからAppleに問い合わせても入手できないようなので、サードメーカーを使用。WorldPlusのMacBook Pro Retina 15インチ (A1618/A1494/A1398用)の交換バッテリー。SSDはキオクシアKIOXIA内蔵SSD2TB、取付アダプターの SSD変換アダプタカードです。

テキストのコピーはできません。