PR

マイナポイント申請2023年9月末まで延長!カード受取予約がいっぱいで間に合わなかった?

マイナポイントを最大で2万円分もらえる!マイナポイントをもらうにはマイナンバー申請後に届く「個人番号カード交付のお知らせ」と「マイナンバーカード交付通知書・電子証明書発行通知書」などを持って役所に行く必要があります。しかもこれが全て予約制。マイナポイントは5月末までが申請期限で予約サイトを調べましたが、ぎっしり埋まっていて5月の連休まで埋まっていました。(地域によって異なるので、ご自分の地域を確認しましょう)ギリギリ癖がついている方は要注意!

…ということでしたが、3/31に総務省が延長を発表マイナポイントの申し込み終了期限2023年9月末まで延長されました。延期の理由は、カード申請件数が1日100万件を超え急増し、カード交付までに時間がかかっているため。総務大臣は会見で「制度上の限界のためこれ以上延長することはない」と言っているので、マイナンバーカードを受け取ったら早めにポイント申込みをしましょう。

9月末まで大丈夫♪と思っている方は、余裕を持って受取予約をしてマイナンバーカードを手元に準備する必要があります。そのうえでマイナポイントを申請およびポイント付与の対象となる最終の決済・チャージを5月末までに行わないとマイナポイントはもらえなくなります。

スポンサーリンク

1人あたり最大2万円分もマイナポイントがもらえる?

まず「マイナポイント」とは、マイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐付けて使えるポイントのこと。すでに2021年4月末までにマイナンバーカードを作った人には、最大5,000円分のポイントがもらえました。
第二弾においても、自民党と公明党が「マイナポイント」を最大2万円分付与することで合意したことで、なんと前回の4倍ものマイナポイントをバラまくという太っ腹。

ちょっと待って!早めに動いて前向きにマイナンバーカードを真面目に作った人々は?「急いては事をし損じる」的なことでしょうか。

スポンサーリンク

すでにカードをつくった人は対象外?

速く動いた人が損した気分になるなんて、詳細はどうなっているのか調べました。

結論から言うと、すでにカードを取得済みの場合でも、ポイント付与にまだ申し込んでない人は全員を対象に含め受け取ることができるようにする、ということで自民公明が合意したようです。

すでに第一弾でマイナンバーカードを作って持っている人も、健康保険証として登録&預金口座登録で各7,500円分、合計で15,000円分のマイナポイントがもらえます。よかったですね。

スポンサーリンク

マイナポイント2万円分の内訳は?

  1. 新たにマイナンバーカード取得してキャッシュレス決済紐付けで最大5,000円分
    マイナンバーカードを新たに取得し、マイナポイント申込み後に20,000円までの「チャージまたはお買い物」で、利用額の25%にあたるマイナポイント(上限5,000円分)が受け取れます。
    ■マイナンバーカード申込期限:2022年12月末 2023年2月末まで
    (延長されました)
    ■マイナポイント申込期限:2023年9月末まで(延長されました)
  2. マイナンバーカードを健康保険証にして7,500円分
    ■既に利用申込みを行った方も含む
    ■マイナポイント申込期限:2023年9月末まで(延長されました)
  3. マイナンバーカードを預貯金口座と紐付けると7,500円分
    ■既に利用申込みを行った方も含む
    ■マイナポイント申込期限:2023年9月末まで(延長されました)

上記の条件を全てクリアした場合に、1人あたり最大2万円分のマイナポイント付与されます。(1)に関しては以前の条件と同じで付与ポイントも同額ですね。

マイナポイントをもらう方法と注意点

今回のマイナポイントをもらう条件としてのマイナンバーカードの申請期限は2023年2月末で終了しました。マイナンバーカード自体を持っていない方はマイナポイントを申請できませんので注意しましょう。(カードが手元に届いてから、やっとポイント申込みになります

  1. 個人番号通知&個人番号カード交付申請書が届く
  2. オンラインか郵送でマイナンバーカードを申請
    無背景の証明写真を準備する
    マイナンバーカード申込期限:2022年12月末 2023年2月末
  3. 申請に不備がないか審査されます
  4. 約1ヵ月後に「交付通知はがき」が届く
  5. 交付場所に行きパスワード設定などする
  6. やっとマイナンバーカード発行
  7. マイナンバーカードでマイナポイントの申込み
    マイナポイント申込期限:2023年9月末まで(延長されました)

マイナンバーカードがなければ、健康保険証や口座登録などのマイナポイント申請もできないので、締め切りギリギリの申請はせず早めにカードは作っておきましょう。

まとめ

今回のマイナポイント2万円分がもらえる!という政府のキャンペーンはカード申請期限が2022年9月末でしたが急遽3ヵ月延長され、2022年12月末までになり、その後さらにカード申請期限は2023年2月末までに変更されました。すでにマイナポイントをもらうためのマイナンバーカード申請期限は終了しています。

マイナンバーカードを申請すると、その後審査され概ね1ヵ月後に交付通知書が届き、交付場所でパスワード設定するなどして初めてマイナンバーカードが発行されます。マイナンバーカードが手元になければ、マイナポイントの申請もできないので注意しましょう。

交付通知書が届いても、マイナンバーカードの受け取りは役所に行く必要があり全て予約制。かなり先まで埋まっています。「マイナポイントの申請が延期され、まだまだ大丈夫♪」ではありません!手元のマイナンバーカードでマイナポイント申請をして、さらにポイント付与の対象となる最終の決済・チャージをする必要があるので、早めに行動するのがオススメです。

テキストのコピーはできません。