PR

東京都現代美術館のアクセス・行き方を写真ナビ!最寄り駅と出口は?

東京都現代美術館

東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」から東京都現代美術館(MOT)までの行き方を、写真でわかりやすくご案内します。

2019年にリニューアル、人気の清澄白河にある美術館で現代アートを楽しみましょう。

スポンサーリンク

東京都現代美術館への行き方

最寄り駅の東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」をはじめ、アクセス方法は色々あります。

東京都現代美術館(MOT)
住所:東京都江東区三好4丁目1-1
Tel.03-5245-4111(代表)

〈交通アクセス〉

  • 東京メトロ半蔵門線
    「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分今回はここからのアクセス方法
  • 都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3出口より徒歩13分
  • 東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
  • 都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

スポンサーリンク

清澄白河駅から東京都現代美術館への行き方

どのアクセスも駅から少し遠いです。今回は最寄り駅、東京メトロ半蔵門線「清澄白河きよすみしらかわ」からの行き方をご案内します。

東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分

半蔵門線「清澄白河駅」下車
東京都現代美術館

渋谷方面から行く場合(押上行)は、前に乗車が出口に近くておすすめ。ホームに降りたら、左方面「B2出口」へ。

三ツ目通り方面 B2出口へ
東京都現代美術館

三ツ目通り方面改札「B2出口」を目指し、階段・エスカレーターで上がります。

東京都現代美術館

改札を出たら「B2出口」を目指して右へ。

東京都現代美術館

駅構内に美術館のポスターがありました。

東京都現代美術館

地図も載っていてわかりやすいですね。

東京都現代美術館

B2の階段を上がって地上へ。

東京都現代美術館

ここにも案内板。これで迷わずに行けますね。

東京都現代美術館

地上に出たら右手にまっすぐ進みましょう。

東京都現代美術館

道なりに進むと交差点があり、三ツ目通りに出ます。ここを右へ進みます(信号を渡ってから右折でも可)。

東京都現代美術館

直進すると、左手に東京都現代美術館がみえてきます。信号を渡って向かいましょう。

東京都現代美術館

2019年にリニューアルされた東京都現代美術館は、三角の柱が特徴的。重厚でシャープなラインが目を惹きます。

東京都現代美術館

駅から約9分で到着です。階段を上がって入り口(エントランス)へ。

東京都現代美術館

とってもシンプルな入り口を抜けると、

東京都現代美術館

広々として開放感のあるエントランスホール。左手が受付です。コインロッカーは入ってすぐの右手にあり、100円硬貨で使用可(使用後に100円は戻ります)。

では、ゆっくりご鑑賞をお楽しみください。いってらっしゃいませ。

スポンサーリンク

ワンポイントアドバイス

  • チケットは事前にオンラインで購入がおすすめ。待ち時間なしでスムーズです。
東京都現代美術館
  • 作品保護のため、展示室の温度は21℃に設定されています。入り口近くのブランケットの貸し出しを利用しましょう。夏場は外との温度差が激しく、思っているより徐々に冷えて寒く感じました。
  • スマホ撮影が可能な展示室もあり。お気に入りの作品を撮れるのは嬉しいですね。

MOTはなんと読む?

MOT

東京都現代美術館は

MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

略称は「MOT」で「モット」と読みます。

ロゴは仲條正義氏のデザイン。

「モット」という言葉からイメージされる積極性や上昇性「もっともっと…」をTの文字を+(プラス)にすることで表していて、Tは東京の頭文字にも由来しているそうです。

〈おまけ〉

東京都現代美術館

『デイヴィッド・ホックニー展』を鑑賞しました。日本では27年ぶりとなる待望の大型個展とあって、平日にもかかわらず大盛況。2023年に86歳を迎えてなお新作を発表し続けるホックニーは、iPadで描く風景にも挑戦。美術館で豊かな色彩感覚を体感してみてはいかがでしょう。

まとめ

東京都現代美術館の電車アクセスは、東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」が最寄り駅で、B2出口より徒歩9分です。

企画展やMOTコレクションを鑑賞した後は、館内の美術図書室やカフェ、レストランでゆっくりすることもできます。時間があれば、隣接の広大な木場公園を散歩するのもいいですね。

東京国立近代美術館のアクセスはこちらで紹介しています↓

東京都美術館のアクセスはこちらで紹介しています↓

テキストのコピーはできません。